スケジュール表のエクセルテンプレート

 

こんにちは、デスクワークラボの吉井良平です。

 

プロジェクトの進捗管理、工事の進捗管理などで、スケジュール表を作りますよね。

その際、開始から終了までの日付を入力したり、祝日に色をつけたりするのが、結構面倒だったりします。

 

そんな時に、開始日と終了日だけを入力すれば、サッと作れるスケジュール表のフォーマットを作ってみたので公開します。

開始日と終了日を入力すれば、自動的にセルに色が付くバージョンもあります。

(※この記事は、2016年に作ったものです。2021年に見返すと、いろいろ不十分な点もありますが、無償配布しているものなので、多少の粗はご容赦ください)

 

スケジュール管理表の作り方

 

使い方の動画も作ってみました。

 

 

使い方

「はじめに」シートに、スケジュール表を作る開始日と、終了日を入力してください。

あと、スケジュール表を何行分作るか、というのも必要であれば入力してください。

スケジュール表の作成ボタン
開始日と終了日と行数を入力して、作成

 

ボタンは二つあって、「色付機能ナシ」か「色付機能あり」のどちらかを選んでください。

色付機能ありの方は、日付を入力するとセルに自動的に色が付くようになっているバージョンです。(後で詳細を書いています)

 

そうすると、開始日から終了日までが一覧になって、休日に色が付いたスケジュール表ができます。

スケジュール表アウトプット
こんな感じで出ます

 

できた後は、ただのエクセルシートなので、自由に使ってください。

 

おまけ機能

 

自動色付機能

作成時に、「色付機能あり」のボタンを押して作成した場合は、それぞれの行に開始日と終了日を入力するフォーマットができます。

その業務ごとに開始日と終了日を入力すると、自動的に該当する日付欄に色が付くようにしています。

日付を入力すると、色が付く
日付を入力すると、色が付く

これは計算式と条件付き書式で設定しているので、もし色がついているセルに何か入力すると、この黄色は消えてしまいます。

その際は、ご自分で色を書式設定しなおしてくださいね。

 

行の結合

タイトル行を簡単に設定するために、「行結合」ボタンをつけています。

スケジュール表の中を、分類する際にご活用ください。

このボタンを押すと、アクティブセル(選択されているセル)の行全体が結合された状態になります。必要なかったら、ボタンごと削除しちゃってください。

スケジュール表オマケ
ボタンを押すと、セル結合されます

 

ご使用上の注意点

 

マクロを有効化する

ダウンロードした後に、画面の上の方に表示が出ます。

「マクロを有効化する」を押さないと、マクロが動きませんので、書いておきます。

 

祝日は2018年まで

祝日の入力を不要にするために、「祝日一覧」というシートを作って、そこから祝日かどうかを判断しています。

2019年以降の祝日は入力されていないので、それ以降の日付で使用される場合は、祝日一覧シートに祝日を追加していってください。

 

開始日と終了日の入力場所

開始日と終了日は、「はじめに」シートのD22、D23のセルを読み込むようにしています。

行を挿入したり削除すると、うまく動かなくなるので、このボタンの位置は変更しないでください。(VBAを編集される方は、もちろん大丈夫です)

スケジュール表作成
ここに開始日と終了日を入力して、作成開始ボタンを押すだけ

 

「行結合」機能

おまけとしてつけた行のセルを結合する機能は、このシートを別ファイルに移すと動かなくなります。

「行結合」の機能を使いたい場合は、ファイルごと名前を付けて保存してください。

 

下記のボタンから、スケジュール表作成ファイルがダウンロードできます。

ダウンロード