Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/deskworklabo/deskworklabo.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
MZプラットフォームの始めかた~MZ Platform入門第一回 - デスクワークラボ

MZプラットフォームの始めかた~MZ Platform入門第一回

こんにちは、デスクワークラボの吉井良平です。

前回、MZプラットフォームの概要について紹介しましたが、今回はMZに興味を持っていただいた方向けに、実際のMZプラットフォームの始め方について紹介します。

前回の繰り返しになりますが、MZプラットフォームは基本的には無料で特にリスクはありませんので、まずはやってみる、ということで問題ないと思います。

(会社で、新規ソフトウェアのインストールに関する規定がありましたら、もちろん規定に従ってくださいね)

MZプラットフォームをインストールする

MZプラットフォームを使ってシステム開発をしていくためには、まずMZプラットフォームをお使いのパソコンにインストールする必要があります。

作業内容は単純にインストールするだけですので、そんなに難しくないと思います。

(この時点で難しいと感じた方は、MZを使ったシステム開発には相当努力が必要です。まずインストールをしてみて、自分でできそうかを判断してみてください)

インストールの手順は、下記の通りです。

1. MZプラットフォームユーザー会のサイトにアクセスする

MZプラットフォームユーザー会

2. メニューから「ダウンロード」を選択

3. MZプラットフォームユーザー会に新規登録

「はじめての方はこちら」から、必要事項を入力して、新規登録申請をします。

4. 産総研からの返事を待つ

新規登録の申請をすると、産総研からのメールの返信が来ますので、返事を待ちましょう。

大体、30分以内に返信が来ますが、産総研の方の都合で 1~2日かかることもあるかもしれません。この辺りは、無料なので大目に見てください。

5.  ダウンロードとインストール

産総研から登録完了のメールが来たら、ユーザー会サイトにログインして、お使いのOSに合ったバージョンをダウンロードしてください。

(大体は、Windows64bit版だと思います)

今すぐは使わないかもしれませんが、「MZ Platform IoT Toolkit」もダウンロードしておいた方が良いです。IoTは使わない方でも、後から追加されたチュートリアルがいくつか入っています。

ダウンロード画面です

ダウンロードして、exeファイルを実行すると、MZプラットフォームがインストールされます。

この辺りは、通常の新しいアプリをインストールするのと同じ手順です。

MZプラットフォームの立ち上げ

MZプラットフォームをインストールしたら、MZプラットフォームを立ち上げます。

スタートボタンからアプリ一覧に行くと、Mの位置にMZ関連のプログラムがあります。

Mの欄の一番下になるはずです

この中で、「アプリケーションビルダー」が、MZで開発を行う際に使うアプリです。

※「アプリケーションローダー」は、開発はできずに、利用だけができるアプリです。

「アプリケーションビルダー」を選択すると、MZの開発画面が立ち上がります。

※ドキュメントインデックスについては、後程紹介します。

ライセンス申請ファイルの作成

初めてMZプラットフォームを使う際には、ライセンスの登録画面が出てきます。必要事項を入力して、ライセンス申請ファイルを作成してください。

この辺りは、登録時に送られている「ReadMe.txt」に書いてあります。書いてある通りに、ライセンスファイルを確認して、指定の場所に送ってください。

慣れていないと大変だと思いますが、書いてある通りにやればできます。

何も考えずに、書いてある通りにやってみてください。

ドキュメントインデックスを確認しよう

ドキュメントインデックスから、MZプラットフォームに関するいろんな情報を入手することができます。

インターネットで検索をしてみても、MZプラットフォームに関する情報はほとんどありません。MZに関する情報を調べる場合には、まずはこのドキュメントインデックスを当たることになります。

まずはチュートリアルをしよう

ドキュメントインデックスをスクロールすると、チュートリアルがあります。

ドキュメントインデックスの画面です

まずは、「入門編」「基礎編」までは、自分で自習してみましょう。

コンポーネントをどうやって配置していくか、コンポーネントにどうやってメソッドを指定していくか、実際に実行するとどのような動きになるのか、を確認しましょう。

「応用編」「実践編」「活用編」は、実際にはあまり使わない機能の紹介もあるため、もう少し経ってからやって方が良いと思います。

「基礎編」を終えたら、次は目的別テキストの「注文票アプリケーション作成チュートリアル」をした方が良いと思います。

FAQの位置も確認しておきましょう

最初はそんなに操作方法に関する質問もないとは思いますが、自分自身でシステム(アプリケーション)を作り始めると、「これはどうやったら良いの?」ということが多々あるはずです。

基本的には、FAQから解決方法を探ることになりますので、FAQというものがある、ということを知っておきましょう。

サンプルの位置も確認しておきましょう

これもFAQと一緒で、自分自身でシステムを作るようになって、「こんなことがやりたいんだけど」と思った時に見るためのものです。

最初は、「大体、こんなことができるんだな」と眺めておくぐらいで良いと思いますが、QRコード作成なんかは、すぐに使える用途があるかもしれません。

ドキュメントインデックスの左側にあります

実践的なシステムを作るために

今回は、MZプラットフォームのインストール方法と、インストールしてから最初にやる作業などについてまとめてみました。

次から実践的なものを作っていきましょう・・・と言いたいところですが、実践的なものを作るためには、データを貯めるためのデータベースソフトをインストールする必要があります。

次回は、データベースソフト(MySQL)のインストールについて説明します。

MZ Platform入門② MySQLのインストール