第十二段:同じ心ならん人と

ちょっと久々の投稿になってしまいました。

忙しいとなかなか、こういうものを書くことはできませんね。

こういうのは、まさに徒然草、徒然な時間があるから書けるというものです。

まぁ忙しいことは良いことなのですが、やっぱり徒然にこういうことが書けるぐらいの余裕も欲しいです^^

原文

同じ心ならん人と、しめやかに物語して、をかしき事も、世のはかなき事も、うらなくいひ慰まんこそうれしかるべきに、さる人あるまじければ、露違はざらんとむかひゐたらんは、ひとりあるここちやせん。

互ひに言はんほどの事をば、「げに」と聞くかひあるものから、いささか違ふ所もあらん人こそ、「我はさやは思ふ」など争ひ憎み、「さるから、さぞ」ともうち語らはば、つれづれ慰まめと思へど、げには、少しこつかたも、我と等しからざらん人は、大方のよしなしごと言はんほどこそあらめ、まめやかの心の友には、はるかにへだたる所のありぬべきぞ、わびしきや。

現代語訳(適当です)

気の合う人と、しんみりと話をして、面白いことも世の中のはかないことも、裏表なく話をして楽しむことができたら嬉しいだろうが、そんなことは無いとは思うが、考え方がほとんど違わない人と向かい合っていたら、話をしていても一人でいるような心地がするのではないか。

お互いに言いたいことがあり、「なるほど」と聞く意味があることから、自分とは違うところがある人こそ、「自分はそうは思わない」と争い憎み、「だからそうなんだ」と語り合えば、暇も楽しめるだろうと思うが、実際には少しでも自分と同じではない人は、世間話をしている間は良いが、本当の心の友とはだいぶ隔たりがあるだろうから、わびしいものだ。

感想

ちょっと何を言いたいかが分からない感じですが、何となくは分かります。

昔の文章は改行が少ないですが、こういうのが元々の日本人の思考回路なんですかね??

気の合う人と話をするのは、それは当然面白いです。

あとは、僕はバツイチなので、同じ境遇、バツイチの人と話をするのは、お互いの人生をいろいろ語りあえて面白いです。

別れて5年ぐらいまでは、自分のキズを話すようで、そういう話題は避ける方でしたが、もう10年以上経つとキズも癒えてますので、もう済んだことというか、割とあっけらかんとしています。

バツイチであっけらかんとしている人は、僕的には面白い人が多いです^^

自分とほとんど同じ人と話をするのは、話す意味が無い、というようなことを兼好さんは言いたいんですかね。

皆、歩んできた人生が違うので、自分とほとんど同じ、ということは、ほぼあり得ないとは思いますが、まぁ居たら、どちらかというと話をしてみたいですね。

私もアラフィフになってきて、それなりに苦労もしてきているので、相手の話も聞きつつ、自分の話もしつつ、というコミュニケーション能力は、若い頃よりはだいぶあると思います。

ある程度年齢を重ねると、皆大体そうなっていくんだと思いたいですが、年齢を重ねても自分のことばっかり話す人もいますし、この年齢になってもマウントを取ろうとする人もいます。

若いうちはそれでも良い、それが若さで、その若さでしかできないこともたくさんあるので、それはそれで良いと思いますが、年をとってもマウントをとってくる人は、ちょっと苦手、というか、面倒です。

この年齢になると、自分と合う人と合わない人というのは、初対面でも大体分かるようになってきているし、人生で出会える人の数は限られているので、合わない人と過ごす時間は極力減らして、気の合う人との時間を大切にしたいな、と思うようになってきています。

「付き合いたくない人とは付き合わない」というのは、バツイチ+個人事業主の数少ない特権なので、それを最大限活用しているところです^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。